インターネットラジオGood-AIR!

佐賀県

「広谷湿原」ラムサール登録へ 高校生の熱意届く 北九州市が国に申請方針 国定公園の平尾台

北九州市などに広がるカルスト台地、平尾台の「広谷湿原」について、市は国際的に重要な湿地を保全する国際条約「ラムサール条約」への登録を国に申請する方針を固めた。水が浸透しやすい石灰岩のカルスト台地は、ほとんどの雨水が地下に流入することから、湿原を形成する例は貴重という。新年度以降、必要な調査を …

Read More »

リニューアル フィルム包装、消費期限倍に 伊勢 /三重

今年で創業280年を迎える伊勢市二見町の和菓子店「御福餅本家」は、無添加で無着色の手作り主力商品「お福餅」のパッケージを木箱からフィルム包装にリニューアルした。これにより保存料などの添加物なしで消費期限を従来の3日間から2倍以上の7日間まで長持ちさせることに成功した。同社は今後、商品販売を控え …

Read More »

昨年の高知県内カツオ漁 10年で最高 黒潮蛇行と関係か

昨年1年間の高知県内のカツオ水揚げ量は1704トンで、統一データの残る2008年以降で最も多かったことが高知新聞のまとめで分かった。15、16年は千トンを割る … 甲浦(東洋町)▽室戸▽加領郷(奈半利町)▽宇佐(土佐市)▽佐賀(黒潮町)▽清水(土佐清水市)―の合計は一本釣りが917トン、沿岸引き縄が117トン。

Read More »

佐賀市民会館閉館 代替会場に四苦八苦

解体が始まっている佐賀市民会館。市内の他の文化施設の利用率が上昇し、会場確保に苦労する団体も出てきた=佐賀市水ケ江1丁目 … 閉館後は、市文化会館や東与賀文化ホール、県立美術館ホールなど市内だけでなく、武雄市や小城市、福岡県久留米市や大川市の施設を代替として利用している状況も調査で明らかに …

Read More »

逢阪県警本部長が離任会見

佐賀県警本部長を15日付で離任する逢阪貴士警視長(48)が12日、県警本部で会見した。人口10万人当たりの人身交通事故件数を巡り、佐賀県が昨年1年間の暫定値で全国ワーストを脱却する可能性が出てきたことに触れ「県や市町、関係機関と連携して広報啓発活動に取り組み、一定の成果は出た」と振り返った。

Read More »

社民県連、障害者の差別解消など要望

社民党佐賀県連(中村直人代表)は12日、山口祥義知事に、障害者の差別解消に関する県条例の制定など8分野54項目の実現を申し入れ、2018年度の県予算編成に反映させるよう要望した。 福祉分野では、貧困家庭の子どもの実態を把握する調査の実施や、17年4月から要介護度が低い高齢者が利用する通所介護( …

Read More »

学習用パソコン貸与 県立高保護者に説明会

佐賀県教育委員会は、20日から2月11日にかけて県立高全36校で、生徒が入学時に購入している学習用パソコン(PC)を新年度から佐賀県の備品として貸与することに関して、在校生の保護者向けに説明会を開く。県議会では、関連予算可決時にこれまでPCを購入してきた保護者への丁寧な説明を求める付帯決議が …

Read More »

積雪でハウス一部倒壊 県内13日も冷え込み

佐賀県内は寒波の影響で12日も雪が降り、山間部では積雪で農作物のビニールハウスが倒壊したところがあった。大雪の恐れはなくなったものの、13日も朝方は冷え込む見通しで、佐賀地方気象台は路面や水道管の凍結への注意を呼び掛けている。 気象台によると、12日の最高気温は伊万里市で1・8度、杵島郡白石町 …

Read More »

都道府県対抗女子駅伝 県勢、上位へ序盤が鍵

第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に9区間42・195キロで競う。佐賀県チームは経験豊富な社会人や力のある中学生を軸に、粘り強い走りで前回39位から30位台前半を目指す。 1区(6キロ)は昨年アンカーを務めたふるさと選手の光延(デンソー)が走る。5年前は同区間23 …

Read More »

入試「のりきって」 県、東京で受験生に配布

大学入試センター試験に合わせて佐賀県は13日、東京で受験生に佐賀海苔(のり)を配布する。日本一の生産量・販売額の県産ノリを関東圏にPRする活動の一環で、表面に「のりきろう」などのメッセージを入れて受験生を応援する。 海苔は全形(縦21センチ、横19センチ)1枚。折り込みチラシにちなみ「海苔込みチラシ」と …

Read More »

31日から「さが農業まつり」

佐賀県内で最大規模の農業イベント「さが農業まつり」が31日から2月4日まで、佐賀市川副町の佐賀空港東側特設会場で開かれる。「伝えよう! ひろげよう! さが農業の魅力」をテーマに、県産の農畜産物を販売。農業機械の紹介や飲食コーナー、家族で楽しめるステージイベントなど多彩な催しがある。 JAグループ佐賀(JA …

Read More »

再送・鳥栖三神特集1月12日組み あの人を訪ねて(1) 小柴健二さん(46) 鳥栖工高レスリング部監督

そして日本を代表する選手に成長した。しかし、アトランタ、シドニー五輪の出場選手を決める最終選考会では、2度とも決勝で敗れ、涙をのんだ。その後、佐賀県教委の特別選考に応募し2001年4月から教員の道を歩んでいる。 佐賀で「五輪メダリストを育てる」新たな夢を追っている。子ども3人もレスリングを学び、長男亮太 …

Read More »

ホウレンソウ栽培、就農者研修事業が始動

地域が一体となって新規就農者を育成する研修施設「トレーニングファーム」事業が佐賀市富士町でスタートした。第1期研修生として鹿島市の西岡央真さん(22)が入校。町内に定住して地元特産のホウレンソウ栽培を2年間学び、稼げる農家を目指す。 西岡さんは鹿島実高から熊本県立農業大学校に進み、福岡県内の農業 …

Read More »

31日「聴こえと健康」セミナー コグニサイズ体験で認知症予防

県聴覚障害者サポートセンター(佐賀市白山)は31日午後1時半から、「聴こえと健康いきいきセミナー」を開く。脳を使った運動「コグニサイズ」指導者で、オーティコン補聴器の川田夏希さんが講義する。 コグニサイズは、コグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた言葉で、認知症予防に効果があると言われている …

Read More »

映画館スタンプラリー 映画を見て特産品や招待券をもらおう 県内3館で3月末まで

県内の映画館はイオンシネマ佐賀大和(佐賀市大和町)、109シネマズ佐賀(同市巨勢町)、シアター・シエマ(同市松原)の3館。インターチェンジからアクセスしやすいイオンシネマ佐賀大和、高校生までの通常料金が千円の109シネマズ佐賀、まちなかで単館映画を発信するシアター・シエマと、個性豊かな映画館がそろう。

Read More »

成長の喜びかみしめ 佐賀整肢学園で成人祝う会

佐賀市金立町の佐賀整肢学園こども発達医療センター(窪田秀明センター長)は11日、「成人お祝い会」を開いた。今年は6人が二十歳を迎え、保護者や職員らとともに成長の喜びをかみしめた。 男女5人がスーツやワンピースなど華やかな盛装で出席した。職員からは、花束とお祝いの言葉が書かれた色紙が手渡された。

Read More »

アンテナ 食と農の交流会など

米粉利用の広がりなどについて製粉業者からの話題提供のほか、九州各県の9社がパンやケーキ、麺など米粉製品の試食・展示ブースを並べて情報交換会を開く。県内からはケーキのハルツ(佐賀市大和町)が出展する。入場無料。 申し込みは九州農政局のウェブサイトなどで。30日締め切り(定員100人・先着順)。

Read More »

みんなの掲示板 1月13日

(16日12時20分、佐賀県庁新館県民ホール)佐賀市のバイオリン奏者吉原康平さんとピアニスト石川敦子さんが出演。クライスラーの「美しきロスマリン」「前奏曲と … (21日13~16時、佐賀市神野東の県労働会館)労働団体でつくる県労働者福祉協議会が毎月第3日曜に開催。相続、労働、借金など法律問題に辻泰弘 …

Read More »

変わる佐賀県、「ふるさとに誇りを持つ県民増えた」(知事)のはなぜ?

佐賀県の山口祥義知事が14日で就任から3年を迎える。県は明治維新から150年の今年、「肥前さが幕末維新博覧会」を開催。反射炉建設などで先端技術を誇った佐賀藩の歴史に光を当てる。県内では人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など最新技術の活用も進む。残る任期が1年を切る山口知事に取り組みの …

Read More »

佐賀】嬉野市長選市議選14日告示 宿泊客減体験型観光振興へ 新幹線駅前開発など課題山積

嬉野市長選と市議選が14日に告示される。九州新幹線西九州(長崎)ルート開業を2022年度に控えた嬉野市の課題について報告する。 「訪日外国人客(インバウンド)が原動力となって観光客数は全盛期近くまで回復してきた」。市うれしの温泉観光課によると、合併前の嬉野、塩田両町の観光客数は1997年に約211万人を …

Read More »
X