インターネットラジオGood-AIR!

佐賀県

県内農業の課題解決へ連携

20日に佐賀市の県農業試験研究センターで開いたキックオフ大会には、県の農林事務所や試験研究機関などから約100人が参加。県の担当課が「主たる従事者1人あたり所得400万円を達成するモデル農家の育成」「新規就農者を年間180人確保」といった目標を示した。県内6つの農業改良普及センターは、3つの課題 ……

Read More »

佐賀玉屋の外壁落下

17年3月に佐賀県と佐賀市が発表した大規模建築物の耐震診断結果で、南館は震度6強以上の揺れで「倒壊する危険性がある」と診断され、同様の診断結果だった本館と合わせて優先順位を付けて改修を進めていた。田中丸善吉取締役営業支援本部長は「皆さまにはご心配をお掛けした。今回のことについて申し訳なく思う」 ……

Read More »

手羽先味、山賊焼味…ポテトチップス47都道府県の味の人気5商品が全国発売へ!

最も人気が高かった5道県は、北海道・青森・愛知・山口・佐賀。それぞれの味わいがこちらです。 北海道:ポテトチップス 山わさび味青森県:ポテトチップス 青森にんにく味愛知県:ポテトチップス てばさき味山口県:ポテトチップス 山賊焼味佐賀県:ポテトチップス 佐賀のり味. ご当地の味わいというだけあってかなり個性的な ……

Read More »

<新幹線長崎ルート>フル規格なら「肥前山口駅」停まらず?

その経緯を顧みず、フル規格の話が進んでいるように思える」と指摘する。同意決議の際、町議会副議長だった武富久氏は「江北は『新幹線が止まる町』としてまちづくりができると説明を受けたのに、フル規格になれば話が違う」と問題視する。 佐賀県は1100億円とされる追加負担などを理由にフル規格に否定的な立場を示して ……

Read More »

小型機パンク 県に状況説明

佐賀空港(佐賀市川副町)に着陸した小型機のタイヤがパンクし、滑走路が約1時間40分閉鎖されたトラブルに関し、小型機を所有するNPO法人アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)・ジャパン(佐賀市)が20日、佐賀空港事務所を訪れ、県にトラブル発生時の状況や機体の運用について説明した。 A-PADジャパンと県 ……

Read More »

備前焼で社章や職員章 「若者も親しんで」

岡山市や県とも、職員章への導入に向けて話を進めている。 こうした地域の伝統作業を活用したバッジの作成例は全国にもある。サッカー・J1のサガン鳥栖を運営する「サガン・ドリームス」(佐賀県)は、15年に地元の名産・有田焼のバッジを制作。遠征時などに選手が着用するスーツに付けて使用しているという。 水野代表は「 ……

Read More »

九電、10人抜き登用 次期社長、最年少取締役・池辺氏

九州電力は現在の取締役の中で最年少の池辺和弘氏(60)が社長に昇格する人事を固めた。10人抜きの抜てきとなる。玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働に一定のメドが立って原発4基態勢に道筋が付いたため、経営体制の若返りを図る。電力需要の先細りが懸念される中で、「若い柔軟な考え方ができる人材が ……

Read More »

玄海4号機で燃料装填開始 九電「安全確保が最優先」

九州電力は21日未明、玄海原子力発電所4号機(佐賀県玄海町)の原子炉に核燃料を装填する作業を開始した。25日までに193体を順次搬入する。作業開始に向け20日からクレーンの動作確認などの準備に当たった。再稼働は5月下旬になる見通し。 九電は作業開始に当たり「燃料装填は重要な工程の一つ。安全確保を最 ……

Read More »

男子バスケ 佐賀から目指せB1

佐賀県を拠点にプロバスケットボール男子のBリーグ参入を目指す新チーム「佐賀バルーナーズ」が20日、体制を発表した。6月に開幕する中国・四国・九州地区の社会人地域リーグに参戦し、2021年のB1昇格を目指す。 会見はクラブの練習拠点となる佐賀市富士町であり、運営会社サガスポーツクラブの竹原哲平社長や ……

Read More »

佐賀の芸術史一挙に

肥前さが幕末維新博覧会」の特別展が、県立美術館・博物館で開かれている。佐賀の西洋画の原点となった百武兼行から池田学さんら現代作家までの名品を鑑賞できる「温故維新 美・技のSAGA」と、岡田三郎助に師事した有馬三斗枝やいわさきちひろの作品が並ぶ「岡田三郎助と女性画家たち」。佐賀の芸術史を一挙に見 ……

Read More »

ラグビーW杯キャンプ地、佐賀は選ばれず

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会を巡り、組織委員会が20日に発表した公認キャンプ地に、佐賀県総合運動場陸上競技場がある佐賀市を候補地として応募していた佐賀県は選ばれなかった。県は、各国代表が大会の約1カ月前から始める合宿誘致に専念する。 県スポーツ課によると、宿泊施設の部屋数や ……

Read More »

西日本リーグ開幕 ダイワアクト1勝1敗

第47回日本男子ソフトボール西日本リーグが20日、広島県尾道市の御調ソフトボール球場で開幕した。2年ぶりの王座奪還を目指すダイワアクト(佐賀市)は2試合に臨み、愛媛ウエストに5-0で完封勝ちしたが、高知パシフィックウェーブに1-3で敗れた。 愛媛ウエスト戦は四回に升水の本塁打などで5点を先取。…

Read More »

西日本リーグ開幕 ダイワアクト1勝1敗

第47回日本男子ソフトボール西日本リーグが20日、広島県尾道市の御調ソフトボール球場で開幕した。2年ぶりの王座奪還を目指すダイワアクト(佐賀市)は2試合に臨み、愛媛ウエストに5-0で完封勝ちしたが、高知パシフィックウェーブに1-3で敗れた。 愛媛ウエスト戦は四回に升水の本塁打などで5点を先取。…

Read More »

=玄海原発蒸気漏れ=元技術者、県に意見

九州電力玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)の2次系配管からの蒸気漏れトラブルを巡り、佐賀県は20日、元原子力プラント設計技術者の後藤政志氏(68)=神奈川県=から意見を聴取した。後藤氏は18日に発送電を再開した九電に対し「安全に対する考えが欠落している」と批判、原子炉を止めて総点検することを九電へ ……

Read More »

玄海4号機に核燃料搬入開始 九電、5月中再稼働めざし

九州電力は21日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の原子炉内に核燃料を入れる作業を、同日午前1時に始めたと発表した。計193体の燃料を、5日間ほどかけて燃料貯蔵プールから移す。九電は、5月中の再稼働をめざしている。 玄海4号機では、再稼働やその後の営業運転再開に向けた「使用前検査」を原子力規制委員 ……

Read More »

春を彩る草花400鉢丹精込め

県内の山野草愛好家でつくる「はがくれ山草会」の春の山野草展が20日、佐賀市の佐嘉神社で始まった。スミレなど春の野山を彩る草花が、県内外から訪れる来場者の目を楽しませている。22日まで。 会員29人が丹精込めて育てた過去最多の400鉢が並ぶ。白や薄紫の小さな花が鉢いっぱいに咲く岩チドリや新緑の紅葉 ……

Read More »

玄海町の自然や食を知って 22日に音楽イベント「アースデイ」 福岡・糸島市の主婦ら協力 [佐賀県]

九州電力玄海原発が立地する玄海町で22日正午から、食と音楽のイベント「玄海アースデイ」が開かれる。原発30キロ圏の福岡県糸島市の主婦や同町の民宿経営者が協力して初めて企画。棚田の景色などを背景に、同町の豊かな自然や食をアピールする。 東京電力福島第1原発事故後、エネルギー問題を考えるトーク ……

Read More »

=みんなの掲示板=

(5月13日まで、佐賀市の県立美術館、県立博物館)幕末・明治維新期を中心に現代までの佐賀の美術家の名品を「美」・「技」の2つのテーマで紹介。「美」では、近代洋画界をリードした百武兼行、久米桂一郎、岡田三郎助をはじめ、現在国内外で活躍する多久市出身の池田学まで150年を代表作でたどる。「技」では、博覧会 ……

Read More »

佐賀・玄海町の自然PR 22日に食と音楽のイベント開催 糸島市の主婦らが企画 [福岡県]

九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)から30キロ圏の糸島市の主婦や、玄海町の民宿経営者が協力し、同町で22日正午から、食と音楽のイベント「玄海アースデイ」を開く。初めての企画で、風光明媚(めいび)な棚田などを背景に、町の豊かな自然や食をアピールする。 東京電力福島第1原発事故後、エネルギー問題を考える ……

Read More »

J1鳥栖が5月6日「レディースデー」 来場全員にユニホーム [佐賀県]

サッカーJ1サガン鳥栖は、5月6日にベストアメニティスタジアムである対清水エスパルス戦(午後3時キックオフ)を「レディースデー~サガン鳥栖に恋をしよう~」と銘打ち、サガンピンクの当日限定記念ユニホーム=写真はデザイン=を選手が着て戦う。来場者全員にも記念ユニホームを配る。 今年のユニホームは、季節のツツジ ……

Read More »
X