インターネットラジオGood-AIR!

沖縄県

沖縄県産本コレ読んだ?]陳侃著、原田禹雄訳注「使琉球録」 侮れない世界初の琉球本

1534(嘉靖13)年、尚清王の冊封正使として陳侃(ちんかん)が来琉し、翌年『使琉球録』を上梓(じょうし)した。このいわゆる陳侃使録が、琉球冊封使録の先鞭(せんべん)をなしその後の使録にも大きな影響を与えていくことになる。 この記事は会員限定です。 しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。

Read More »

地域の文化財守る「水のアーチ」 京都・與能神社で訓練

文化財防火デー(26日)を前に、京都府亀岡市曽我部町の與能神社で20日、消防訓練が行われた。拝殿から出火したという設定で、消火の手順を確認した。 亀岡消防署が防火デーの前後に、寺社で毎年開いている。市内は広域にまたがるため、初動の対応が欠かせないとされている。 訓練には、同署や消防団をはじめ、地元 …

Read More »

沖縄・伊計ヘリ不時着で抗議集会 「島の上飛ばないで」

沖縄県うるま市の伊計島で21日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属ヘリコプター不時着に抗議する地元自治会主催の抗議集会が開催され、住民や同島出身者ら計約100人が参加した。中学1年上田美貴さん(12)は、同島への相次ぐ不時着に触れ「米軍は反省しなかったのか。遊び場や家に落ちないよう島の上を飛ばない …

Read More »

巨人入団の荒井颯太選手は三軍スタート 2月1日から球団の沖縄キャンプへ

育成選手は一軍の試合に出場することができないため、当面は支配下登録を目指すことになる。荒井選手を含め、育成選手として入団した8人は全員三軍からスタートすることになった。 巨人は2月1日から、一軍と二軍が宮崎県、三軍が沖縄県でキャンプを開始する。荒井選手は1月9日から新人合同自主トレなどに参加して …

Read More »

「ミスグラジャパ!」グランプリ・島崎由莉香「胸は自信がないので…」

また、準グランプリは沖縄県出身のモデル・武井玲奈(23)が受賞した。B83・W58・H86の抜群のスタイルで、グラビアに初挑戦。173センチの身長を生かして中学、高校時代はバスケットボールで奈良県代表選手として活躍するなどスポーツ万能で、「高身長で健康的な体育会系グラドルを目指して頑張りたい」と語った。

Read More »

新田原訓練、米側要請で中止 「火山活動懸念」

航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)は26日まで予定されていた日米共同訓練を中止すると発表した。米軍側から「火山活動が飛行の … 中止の連絡があった。訓練は、在日米軍再編に伴う訓練移転に伴い米軍嘉手納基地(沖縄県)と新田原基地からF15戦闘機計10機が参加し、2年ぶりに予定されていた。【塩月由香】 …

Read More »

「行動する作家」に迫る 沖縄の総合誌が特集

沖縄の総合誌『越境広場』4号(同刊行委員会編集・発行)が沖縄在住の芥川賞作家、目取真俊(めどるましゅん)を特集している。本人へのインタビューや作品論を収録。沖縄言葉を駆使した先鋭的な小説を発表する一方、辺野古の海、高江の森で抗議活動を続ける「行動する作家」の現在に迫る。 目取真は1960年、沖縄県 …

Read More »

小野寺防衛相、ヘリ飛行問題「米側から連絡ない」

アメリカ軍のヘリコプターの窓が落下した沖縄県の小学校上空を再びヘリコプターが飛行したかどうかについて、日米の主張が食い違っている問題で、小野寺防衛 … 防衛省は先週18日、沖縄県・普天間基地に隣接する小学校の上空をアメリカ軍のヘリコプターが飛行する様子を、監視員による目視に加え、カメラの記録でも …

Read More »

辺野古抗議、どうやって集まる カンパでバス、弁当は…

米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、今も連日抗議活動は続いている。 どうやって続けているのか。 車の乗り合いなどで集まっていたが、昨年からは月~土曜に「島ぐるみ会議」など三つの市民団体が、那覇市中心部から辺野古まで貸し切りバスを交代で走らせて …

Read More »

辺野古抗議、どうやって集まる カンパでバス、弁当は…

米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、今も連日抗議活動は続いている。どうやって続けているのか。 車の乗り合いなどで集まっていたが、昨年からは月~土曜に「島ぐるみ会議」など三つの市民団体が、那覇市中心部から辺野古まで貸し切りバスを交代で走らせて …

Read More »

読谷村、ニンジンの拠点産地に 沖縄で3カ所目 生産伸び県外も目標

沖縄県の読谷村が20日、ニンジンの拠点産地として県に認定された。2006年に全面返還された読谷補助飛行場跡地の基盤整備と機械化が進み、右肩上がりで出荷量が増えている読谷のニンジン栽培。今後は県外出荷をにらみ、夏場に強い品種や消費者ニーズを捉えた栽培技術の確立に取り組み、さらなる安定供給を …

Read More »

米軍廃棄物見つかる 未使用弾、プロペラも /沖縄

本紙記者とチョウ類研究者の宮城秋乃さんが取材で国頭村安田の山中を散策した際に発見した。訓練場の過半返還に伴い沖縄防衛局は約1年かけて軍事訓練に起因する環境汚染を取り除く支障除去や不発弾を含む廃棄物の撤去作業を終えたと主張しているが、実施範囲は限定的で不十分であることが浮き彫りとなった。

Read More »

「東京五輪へ課題山積」 決意新たに、京都府警の年頭視閲式

京都府警の年頭視閲式が20日、京都市左京区の平安神宮前で行われた。警察官約250人が隊列を組んで行進し、地域の安全を守る決意を新たにした。 緒方禎己本部長がオープンカーに乗り、粛然と並ぶ警察官を視閲した。訓示では、減少傾向にある刑法犯や交通事故への一定の成果を強調するとともに、「特殊詐欺や性 …

Read More »

官民で泡盛輸出促進 国や沖縄県、酒造組合 今月会合

政府は泡盛の海外展開促進に向けた官民連携プロジェクトを月内に発足させる。政権で農林水産物の輸出振興などを担当する宮腰光寛首相補佐官を中心に、内閣府や外務省、県、県酒造組合などが参加し、初会合を1月下旬に那覇市内で開く。泡盛に特化した官民による取り組みとしては初めてで、出荷量が低迷する泡盛の …

Read More »

米軍ヘリ不時着:「伊計島民の怒り示す」きょう21日、抗議集会

沖縄県うるま市伊計島に1年で2回、米軍普天間飛行場所属の米軍ヘリが農道と浜辺にそれぞれ不時着した事故を受け、伊計自治会(261人)は21日午後2時から、伊計公民館で抗議集会を開く。事故に抗議し、島の上空を飛ばないよう飛行ルートの見直しなどを求める。同自治会が抗議集会を開くのは初めて。 度重なる米軍 …

Read More »

東風平 男女団体V ソフトテニス沖縄県中学新人

ソフトテニスの第62回県中学校新人大会(主催・県ソフトテニス連盟、共催・県中体連、琉球新報社)は20日、県総合運動公園レクドームで団体戦の決勝リーグが行われ、男女とも東風平が全勝優勝を果たした。21日は男女の個人戦が行われる。

Read More »

宮崎に日本最南端のスキー場、売りは「天然雪」

昨年12月に修学旅行で訪れた沖縄県 豊見城 ( とみぐすく ) 市立伊良波中2年の男子(14)は「雪山もスキーも初めてだけど、すぐに滑れるようになった」と笑顔を見せた。 安部道和支配人(47)は「初心者にも優しいゲレンデづくりに力を入れている。友達や家族みんなで楽しめます」と胸を張る。 大分に来て「温泉」に入らなけれ …

Read More »

那覇西男女が優勝 沖縄県高校ソフトテニス

ソフトテニスの第23回全沖縄高校選手権大会が20日、名護市営庭球場で行われ、那覇西同士の対決となった男子決勝は稲福蓮音・山田裕也組が4-3で與那嶺晃大・當山魁也組を下し、優勝した。女子は嵩原咲輝・當銘柚組(那覇西)が4-2で金城佳奈・金城紬女組(名護)を破って、栄冠を手にした。

Read More »

仙台菅井、監督高評価で3バック初挑戦も適応力抜群

ベガルタ仙台のMF菅井直樹(33)が、3バックの右に本格的に挑戦することとなった。チームは20日、沖縄県糸満市の西崎陸上競技場で基本戦術の確認を中心にメニューをこなした。この中で菅井は攻撃練習の守備側に入り、3バックの右に位置して何度もパスカットするなど、適応力の高さを見せつけた。今季、仙台渡辺晋 …

Read More »

沖縄で収集遺骨、京大に返還要請へ 昭和初期の26体

京都帝国大医学部解剖学教室助教授だった金関丈夫が昭和4(1929)年、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)にある村指定文化財「百按司(ももじゃな)墓」から研究目的で京大に持ち帰った人骨について、今帰仁村教育委員会が返還を求めて京大と交渉する方針であることが、20日分かった。村教委は京大が少なくとも26体、 …

Read More »
X