インターネットラジオGood-AIR!

沖縄県

名護市長選対応「年内に結論」=井上公明幹事長

公明党の井上義久幹事長は18日の政府・与党協議会で、来年2月4日投開票の沖縄名護市長選への対応について「沖縄県本部とよく協議しており、年内には結論を出したい」と述べた。名護市長選は米軍普天間飛行場の同市辺野古移設が最大の争点。公明党沖縄県本部は「辺野古移設反対」の立場で、同党支持者の動向 …

Read More »

沖縄をおそう二重の国難

沖縄県が内周規制線の中にようやく入れたのは事故から6日たった17日、しかもわずか50分間だけ。ヘリ炎上地点には立ち入れず、有害物質の … 米軍は調査結果は公表しない考えを示している。 沖縄防衛局管理部は事故が起きた11日に西銘さん宅に謝罪に訪れたが、米軍が謝罪に訪れたのは、19日になってからだった。

Read More »

沖縄の中学生がスキーに挑戦/岩手・八幡平市

盛岡市の友好都市沖縄県うるま市の中学生が16日から岩手を訪れています。18日は初体験のスキーに挑戦しました。はじめて足を通すスキー靴!その履き方に四苦八苦しているのは沖縄県うるま市の中学2年生10人です。このスキー交流は友好都市であるうるま市と盛岡市による中学生の派遣交流事業の一環で行われ …

Read More »

政府、米軍ヘリ飛行容認

防衛省は18日、沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小に米軍のCH53E大型輸送ヘリコプター操縦席窓が落下した事故を巡り、同型機の飛行再開を容認する方針を発表した。米軍から事故原因に関し「人的ミスと結論付けられた。窓のレバーが緊急脱出の位置に動かされたことで離脱した。事故は当該機固有の問題だ」と説明 …

Read More »

政府、米軍の飛行再開を容認

沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小に米軍のCH53E大型輸送ヘリコプター操縦席窓が落下した事故で、米軍が同型機の飛行再開に必要な調査を終了したと日本政府に伝えていたことが分かった。政府は再開方針の容認を決めた。政府関係者が18日、明らかにした。 沖縄県の翁長雄志知事は今回の事故対応で「政府に …

Read More »

防衛省 米軍ヘリ飛行再開に向けた手続きに理解

沖縄県宜野湾市の小学校のグラウンドにアメリカ軍の大型ヘリコプターの窓が落下した事故で、アメリカ側から防衛省に対し、「事故は人的なミスが原因で、構造上の問題は確認されなかった」としたうえで、再発防止策をとったと説明がありました。防衛省は「飛行を再開するための措置がとられたと判断できる」として、飛行再開 …

Read More »

米軍ヘリ窓落下 飛行再開の見通しで地元の反発必至

沖縄県宜野湾市の小学校のグラウンドに、アメリカ軍普天間基地を離陸した大型ヘリコプターから窓が落下した事故で、アメリカ軍が、人為的なミスだとする見解を近く公表したうえで機体に問題はなかったとして飛行を再開させる見通しとなっていることがわかりました。飛行が再開されれば、地元から強い反発の声が上がること …

Read More »

「上空飛行最大限控える」 米軍、小学校に謝罪

沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校に米軍大型輸送ヘリコプターCH53Eの操縦席窓が落下した事故で、米海兵隊太平洋基地政務外交部長のクラーク大佐は十八日、同校を訪れ「学校、地域に計り知れない不安を与え、おわびする」と謝罪した。隣接する米軍普天間飛行場の飛行ルールを再検討し、米軍機が最大限、 …

Read More »

「良き隣人でない」 沖縄知事、飛行再開方針に怒り

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に米軍大型ヘリコプターCH53Eが窓を落下させた事故で、米軍が事故発生の13日から運用を見合わせていたCH53Eの飛行を近く再開させる方針を伝えてきたことについて、沖縄の翁長雄志(おながたけし)知事は18日、県庁で記者団に「 …

Read More »

窓落下の米軍ヘリ同型機、飛行再開の見通し

沖縄で小学校のグラウンドにアメリカ軍の大型ヘリコプターの窓が落下した事故で、アメリカ軍は事故後見合わせていた、同型機の飛行を近く再開する見通し。 今月13日、アメリカ軍普天間基地所属の大型ヘリ「CH-53」の窓が宜野湾市の小学校のグラウンドに落下したが、沖縄県によると17日、アメリカ軍から「機体に問題は …

Read More »

ヘリ窓落下 米軍、小学校に謝罪 翁長知事、飛行再開に反発

沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市立普天間(ふてんま)第二小学校に米軍大型輸送ヘリコプターCH53Eの操縦席窓が落下した事故で、米海兵隊太平洋基地政務外交部長のクラーク大佐は十八日、同校を訪れ「学校、地域に計り知れない不安を与え、おわびする」と謝罪した。隣接する米軍普天間飛行場の飛行ルールを再検討 …

Read More »

米海兵隊幹部、小学校上空「最大限飛行しない」

沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校グラウンドに、隣接する米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプター「CH53E」の窓が落下した事故を受け、在沖縄米海 … 市教委によると、在沖縄米海兵隊のダリン・クラーク大佐らが「学校に計り知れない迷惑をかけたことにおわびする」と謝罪し、飛行ルートを検討して同校上空を「 …

Read More »

沖縄知事「米軍は『良き隣人』ではない」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に米軍大型ヘリコプターCH53Eが窓を落下させた事故で、米軍が事故発生の13日から運用を見合わせていたCH53Eの飛行を近く再開させる方針を伝えてきたことについて、沖縄の翁長雄志(おなが・たけし)知事は18日、県庁で記者団に「 …

Read More »

「辺野古新基地できたら米軍の事故続く」 市民ら資材搬入に抗議

沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で18日午前8時50分、新基地建設に反対する座り込みの市民ら約30人が機動隊に強制排除され、石材などを積んだダンプカー56台がゲート内に入った。午前11時50分には2度目の資材搬入があり、約1時間で64台が入った。 2度目の資材搬入で強制排除される …

Read More »

「米軍の安全管理に怒り」 嘉手納町議会、飛行禁止求め抗議決議

米軍普天間飛行場所属のCH53Eヘリが沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の運動場に窓を落下させた事故で、嘉手納町議会(徳里直樹議長)は18日午前、安全性が確保されるまでの同型機の一切の飛行中止と嘉手納基地への飛来・住宅地上空の飛行訓練禁止を求める抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。

Read More »

正月用のキク3581万本、全国へ きょう臨時便が出発 沖縄花卉農協とANAカーゴ

正月用のキク3581万本、全国へ きょう臨時便が出発 沖縄花卉農協とANAカーゴ … 太陽の花」ブランドの沖縄県花卉園芸農業協同組合(宮城重志組合長)は18日、花卉臨時便の初便出発式を那覇空港貨物ターミナルで開いた。 … 県花卉農協は定期便に加え、24日までに計4便のANAカーゴの臨時便を予定している。

Read More »

米軍 同型機の飛行再開方針伝達、ヘリ窓落下事故

沖縄県の普天間基地所属のアメリカ軍ヘリが小学校に窓を落下させた事故で、アメリカ軍が同型機の飛行を近く再開させる方針を固め、県などに伝えました。 この事故は、今月13日、 … 事故から4日経った17日、アメリカ軍が県などに対し、電話で同型機の飛行再開を伝えていたことがわかりました。事故原因については、「 …

Read More »

小野寺防衛相「『人的要因』との報告」 米軍ヘリ窓落下

沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校の校庭に米軍ヘリCH53Eが窓を落とした事故で、小野寺五典防衛相は18日午前、記者団に対し、今回の事故原因について、米側から「人的な … 県や政府関係者によると、在沖米軍は「今回の窓落下はパイロットの操作ミス」で、機体の構造自体には問題ないとの判断を示したという。

Read More »

沖縄の保育園に落下物 バプ連理事会が抗議声明 2017年12月25日

日本バプテスト連盟(田口昭典理事長)は12月12日の理事会で、「幼児の生命に危険を及ぼす可能性のある飛行物からの落下物の危険回避義務違反に対する抗議声明」を採択した。 12月7日、沖縄県宜野湾市野嵩の普天間バプテスト教会に付属する緑ヶ丘保育園のトタン屋根に、プラスチック製の筒が落下したことを受けた …

Read More »

在日米軍が小学校に直接謝罪 米軍ヘリ窓落下事故

普天間基地に隣接した沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校の校庭に、米軍の大型ヘリの窓が落下した事件を謝罪するために、同校を米軍関係者が12月18日午前に来訪した。共同通信などが報じた。 沖縄タイムスによると、普天間第二小学校を訪れたのは、米海兵隊政務外交部部長のダリン・クラーク大佐。今回の落下事故 …

Read More »
X