Current track

Title

Artist


Blog

Page: 641

水俣病に苦しむ患者の世界を描いた「苦海浄土」などの著書で知られる、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男、道生(みちお)氏。 戦時中から戦後にかけて …

  • 未分類
0 0

一九五八年、水俣病に関する熊本大学の報告書を読んで、まるでその苦しさが自分に伝わったかのように、しばらく寝込んでしまったそうだ. ▽人間の痛み、悲しみ、怒り。そういうしゃがれた声や叫びのする場所へと自然とさまよい歩きだし、声に触れ、痛みをわがもののように感じる。ときに死者の声さえ聞こえる。その心こそ作品 …

水俣病を告発した「苦海(くがい)浄土(じょうど)」で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日、熊本市内の介護施設で死去した。90歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長男道生(みちお)さん。 1927年、熊本県宮野河内村(現・天草市)に生まれた。家業は石工。生後まもなく水俣町(現・水俣市)に移った。

… できるライブサイトを開設した。3人制バスケットボールやボッチャなど東京大会の競技を体験できるコーナーもあり、家族連れらが楽しんでいた。 東京大会の機運醸成につなげようと開催。同公園は12日までで、フィギュアスケート団体などが観戦できる。他にも都内2会場や宮城、福島、岩手、熊本4県でも順次設けられる。

56年、熊本県水俣市で原因不明の病続発が保健所に通報され、水俣病は公になる。だが、チッソが海に流す排水の有機水銀による魚介類汚染が疑われても行政の動きは鈍く、ようやく68年に公害病と認定された。 この間の放置で被害がどれだけ拡大したかわからない。公害を大きな問題にすると経済成長のブレーキになり …

3人の子供は社会人となり夫婦2人で暮らしています。私の実家は自動車で2時間ほどの場所にあり、両親が住んでいます。「もう高齢だから面倒をみてほしい」「お金がほしい」と要求しますが、部屋の片付けをしようとすると嫌がります。床の掃除をしていたら「しなくてもいい」と大声でどなったりします。私自身もだんだん高齢に …

石牟礼さんらの支援を受け、1969年に原因企業「チッソ」に賠償を求め提訴した水俣病第1次訴訟の原告で、認定患者の坂本フジエさん(92)=熊本県水俣市=は当時をしのび、感謝する。「裁判を起こす前、石牟礼さんが患者の家を一生懸命回っていたのを思い出す。味方になってくれて、うれしかった。口数の多い人では …

石牟礼さんの寄り添う姿勢を心の支えにしてきた全国の患者や支援者らには悲しみの半面、感謝の思いも募る。公害なき世界を目指し、死を悼みながら決意を新たにする。 胎児性水俣病患者・坂本しのぶさん(61)の母フジエさん(92)=熊本県水俣市=は、患者宅を訪ね歩く石牟礼さんの姿を忘れられない。「(著書で)遠くの人 …

フィギュアスケートのファンという佐藤さんは「団体は何色のメダルになるか楽しみ。羽生(結弦)選手もさっそうと登場してメダルを取る姿を期待している」とエールを送った。 同公園は12日までで、フィギュアスケート団体などが観戦できる。ライブサイトは他にも都内2会場や宮城、福島、岩手、熊本4県でも順次設けられる。

国営諫早湾干拓事業(諫干、長崎県)の潮受け堤防を開門しない代わりに、国が漁業振興のための基金を設ける案の受け入れを検討している佐賀県有明海漁協 … 漁協によると、福岡高裁で係争中の諫干関連訴訟で和解案が示されるか、見極める必要があるとして意見集約を見送った。10日にある福岡、熊本両県の漁業団体 …

クーポレンダー」は、山形県新庄市職員で、NPO法人AMP(アンプ)理事長の斎藤一成さんが初めて2016年用に作った。集客に苦しむ地方の商店街の活性化策として、新庄市のほか、同県鶴岡市、茨城県大洗町、京都府長岡京市で制作されている。九州では八幡東区のほか長崎県佐世保市、熊本県南関町で来年用を準備 …

… 「患者さんの支えとなっていただいた。いつまでもいてほしい、大きな存在でした」。胎児性水俣病患者が通う作業所「ほっとはうす」(熊本県水俣市)の施設長、加藤タケ子さん(67)は10日早朝、石牟礼道子さんの訃報(ふほう)を聞いて声を絞りだすように話した。 特集:石牟礼道子さん死去 · 特集:知る水俣病. 工場排水に含ま …

水俣病を描いた文学作品「苦海浄土」で知られ、近代文明の闇と向き合い続けた作家、石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市内の介護施設で死去した。 90歳だった。近親者で密葬を行う。喪主は長男、道生氏。 1927年、現在の熊本県天草市河浦町生まれ。

  • 未分類
0 0

熊本県水俣市のチッソ水俣工場の排水を原因とし、メチル水銀で汚染された魚介類を食べた人に起きた神経系の中毒症。言語障害や運動障害などが起こり、対策の遅れで被害が拡大した。1956年に公式確認され、68年に国に公害と認定された。日本の「公害の原点」とされる。公害健康被害補償法に基づく認定患者は熊本、 …

高度成長の矛盾を象徴する水俣病の悲惨な実態を告発した「苦海浄土(くがいじょうど)」などで知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが十日午前三時十四分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。九十歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生( …

高度成長の矛盾を象徴する水俣病の悲惨な実態を告発した「苦海浄土(くがいじょうど)」などで知られる作家の石牟礼道子(いしむれみちこ)さんが十日、パーキンソン病による急性増悪のため死去した。九十歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生(みちお)氏。 出生直後、現在の天草市から水俣市 …

公害病の原点とされる水俣病の患者と家族の苦悩を描いた大作「苦海浄土(くがいじょうど)-わが水俣病」などの著作で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県天草市出身。葬儀・告別式は近親者のみで …

宇城市で押しボタン式の信号機の点灯式があった。信号機が設置されたのは宇城市の海東小学校近くの交差点。子どもたちに交通安全の意識を高めてもらおうと、記念の式典があり児童代表の守田龍弥さんが交通安全の誓いを述べた。式典後児童が新しい信号機の点灯を行い渡り初めをした。 [ 2/10 13:00 熊本県民テレビ] …

作家の石牟礼道子さんが10日未明熊本市で亡くなった。90歳だった。水俣病患者の姿を描いた「苦海浄土」で知られる石牟礼道子さんはパーキンソン病を患っていて、10日午前3時すぎ入所していた熊本市の施設で亡くなった。石牟礼さんは1927年に今の天草市で生まれ、生後まもなく水俣市に移った。若い頃から文学活動 …

熊本県河浦町(現天草市)で生まれて間もなく水俣市に移り住んだ。戦後、国民学校の代用教員を退職して結婚。家事や子育ての傍ら執筆活動を始めた。 化学工業メーカー、チッソが、有機水銀を含んだ工場廃液を垂れ流し、汚染された魚介類を食べた住民らに、手足のしびれや視野狭窄(しやきょうさく)など神経系疾患が生じ …


X