インターネットラジオGood-AIR!

ニュース

バスケ、バレー、サッカー部が全国大会へ 北陸高で壮行会

全校生徒約千六百二十人が選手たちに激励の拍手を送った。 サッカー部の堀圭吾主将(三年)は「得点にこだわって全力で戦ってきたい。応援お願いします」と述べた。 バスケ部は二十四日に小林高校(宮崎県)と、サッカー部は三十一日に日章学園高校(同)と、バレー部は一月四日に新田高校(愛媛県)との初戦にそれぞれ …

Read More »

第一航空の那覇 粟国便、1月に再開見通しですが…運航は3月まで その理由は

沖縄県や離島首長、航空各社で構成する沖縄離島航空路線確保維持協議会で15日、同社の再開計画と、運航に伴う赤字見込み額約1億700万円の国と県、粟国村による補助を認めた。 一方、同社が見込む18年度の赤字約2億6千万円の補助については、県と村が「負担が大きい」と合意しなかった。県によると、今月末が …

Read More »

Xマスカードに思い込め

2004年に神戸の被災者宛てのカードが同法人に届いて以来、手紙による被災者への支援として続いている。近年は近畿地方のほか、茨城県や岡山県からも届く。カードには「何か一つでも良いことがありますように」「ホッとした時間を過ごしてください」などと書かれ、手製の絵柄が飛び出すカードやクリスマス飾りも寄せられた。

Read More »

地方移住や起業支援の催し 天神

移住促進で地域の活性化を図ろうと、日本政策金融公庫が2015年から毎年開催。九州各地の56自治体が出展し、地域の特産物や気候、就業や子育てに関する支援制度などを説明した。 会場内のステージでは、地方へ移住し、農業やゲストハウス経営などで生計を立てる男女9人が体験談を紹介。大阪から佐賀県太良町へ …

Read More »

雲南サンタ ケーキ贈り40年

雲南市の飲食店経営村松憲さん(70)が、地元や被災地の子どもらにショートケーキを贈るボランティアを始めて今年で40年を迎えた。今月4日には昨年の熊本地震で被害を受けた熊本県益城町の幼稚園を訪れ、各地に届けたケーキの累計は8万個に達した。子どもの頃、豪雨災害で被災し、支援を受けた。その時の感謝の …

Read More »

防府読売マラソン開会式 好レースに期待

浜崎達規選手(沖縄県南城市役所)が力強く宣誓した。 二井関成大会会長は「参加されるみなさんが自身最高の走りで完走し、今年の走り納めにふさわしいレースにしてほしい」とあいさつした。 読売新聞西部本社の中井一平社長は「多くの市民ランナーが参加する大会として定着しているのは、防府市民の皆さんの手厚いご …

Read More »

亀裂入った新幹線の台車 福岡に到着

亀裂の入った台車は同日夜、車両を保有するJR西日本の博多総合車両所(福岡県那珂川町)に到着し、国の運輸安全委員会などが亀裂の状態などを調べる。 16両編成のうち14~16号車は、すでに名古屋車両所(名古屋市)に移されており、JR東海は18日以降、ホームに停車している1~13号車を名古屋車両所に移動 …

Read More »

人口減、どう向き合う 水戸、常磐大でシンポ

人口減少時代の自治体の在り方を考える学生主体のシンポジウムが16日、水戸市見和1丁目の常磐大で開かれ、学生や市民ら約250人が参加した。県内の首長や国会議員、自治体職員などがそれぞれの考えを披露し、人口減を巡る現状や課題について議論を深めた。同大の学生と教員でつくる「地方自治力向上 …

Read More »

「怖い」絶叫、女性落水 抗議船に保安官乗り込み沈没寸前 辺野古新基地

新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古沖で16日、抗議する市民の船に海上保安官が乗り込んで定員をオーバーし、不安定になって女性(40)=名護市=が海に落ちた。船は両舷からの浸水が激しく沈没寸前に。「怖い」と絶叫し続けた女性は「死んでしまうと思った」と語った。 前. 撮影していた女性が海に落ちる寸前。

Read More »

佐賀)高校駅伝 県代表2チームを紹介

24日に京都市の西京極陸上競技場を発着点に開かれる全国高校駅伝。男子は鳥栖工(8年連続42回目)、女子は佐賀清和(3年連続5回目)が県代表として都大路を駆ける。近づく本番に向け、最後の調整に励んでいる両チームを紹介する。(杉浦奈実) …

Read More »

「球磨川下り」存続危機 熊本地震追い打ち、2期連続債務超過 市民協力で、再生案策定へ

熊本県人吉市の観光の屋台骨を支える第三セクター「くま川下り」の経営が正念場を迎えている。熊本地震の風評被害が低迷に追い打ちをかけ、2期連続の債務超過に陥り、事業再生計画の策定に取り組む。16日は市民対象の意見交換会を開いて再生策を探り、17日にはこたつ舟の体験イベントを催すなど、“荒波”を …

Read More »

「球磨川下り」存続危機 熊本地震追い打ち、2期連続債務超過 市民協力で、再生案策定へ

熊本県人吉市の観光の屋台骨を支える第三セクター「くま川下り」の経営が正念場を迎えている。熊本地震の風評被害が低迷に追い打ちをかけ、2期連続の債務超過に陥り、事業再生計画の策定に取り組む。16日は市民対象の意見交換会を開いて再生策を探り、17日にはこたつ舟の体験イベントを催すなど、“荒波”を …

Read More »

県立美術館 鬼会面15点が一堂に 六郷満山1300年特別展示

六郷満山開山1300年記念特別展示「鬼会面―鬼と仏が福を招く」(大分合同新聞社後援)が16日、大分市寿町の県立美術館1階アトリウムで始まった。六郷満山寺院のある国東半島以外で多数の鬼会面が一堂に展示されるのは初めて。来年1月8日まで。 六郷満山寺院の豊後高田市にある天念寺や国東市の岩戸寺、成仏 …

Read More »

県、楽天とタッグ 自治体公式通販サイト初開設へ

対象商品は県内事業者が生産する食品、加工品など。通常、楽天市場への出店には最も安いプランでも固定費が約30万円(年間)かかるが、今回のサイトには不要。売り上げに対する手数料のみの負担となる(大分市内の物流倉庫までの配送料は別途必要)。「地場中小企業にとって先行投資は負担が大きい。手数料内で …

Read More »

続 地球が危ない(2)

チョウの一種「ツシマウラボシシジミ」は国内では長崎県の離島・対馬の上島だけにすむ。体長は1~1.5センチメートル。オスの羽は光沢のある青紫色で、メスは黒褐色をしている。羽の裏側はいずれも白色で、星のような形をした黒い斑点があり、愛好家の間で人気が高い。 1990年代には上島全域で見られたが、2000年代 …

Read More »

東京・荒川区 吉村昭記念文学館 5000点並ぶ、書斎を再現 /東京

代表作「戦艦武蔵」の取材を含め107回訪れた長崎。武蔵を建造した三菱重工業長崎造船所の史料館(長崎市)では写真や取材メモ、愛用の万年筆など約30点を展示する。武蔵の技師や乗組員らへのインタビューを重ねた長崎について、吉村は「歴史小説を書くきっかけを与えてくれた土地」と語っている。 岩手県田野畑村の …

Read More »

工作員上陸が過去のものと限らない 北の漂着船は本当に漁船だけなのか

日本海沿岸に次々に漂着した木造の北朝鮮籍の船は本当に漁船だけなのか。「『工作船説』は荒唐無稽」「好漁場の大和堆から荒天で漂流した」などとされ、沿岸警備の問題だとの見方が大勢の中で「やはり、おかしい」との異論も消えない。生存者が多いことや船の不審な動きなどが指摘されている。漁船の多くは北朝鮮の …

Read More »

『ラストアイドル』最終メンバー7人決定「日本一のアイドルになる」

16日深夜にテレビ朝日系(※一部地域を除く)で放送されたオーディション番組『ラストアイドル』で、4ヶ月にわたるサバイバルを経て、「ラストアイドル」としてデビューする7人が正式決定した。番組では、確定した7人で12月20日に発売されるデビューシングル「バンドワゴン」のフルバージョンを初披露。収録終了後に行われた取材 …

Read More »

「ラストアイドル」正式メンバー7人ついに決定!センター阿部菜々実「日本一のトップアイドルを目指す」

秋元康氏が総合プロデュースを務めるテレビ朝日のアイドルオーディション番組『ラストアイドル』((土)深0・05)の16日の放送で、7人組ユニット「ラストアイドル」としてデビューする正式メンバーが阿部菜々実(15)、吉崎綾(21)、大石夏摘(13)、安田愛里(18)、長月翠(17)、鈴木遥夏(14)、古賀哉子(19)に決まった。 番組は8 …

Read More »

あなたはちゃんぽん派?皿うどん派?二大長崎名物に“愛” 互角の戦い

あなたはちゃんぽん(左)派?それとも皿うどん派?=長崎市松が枝町、四海樓. ちゃんぽん、皿うどんと言えば、本県が誇る二大中華麺だが、その境遇は若干異なる。前者は小説のタイトルにも使われ“長崎名物”路線をひた走り、後者はそれを追い掛けている印象だ。ただ、好みは別物。実際は皿う … [記事全文] …

Read More »
X